不動産会社選びに迷っているなら藤和ハウスに依頼しよう

物件により異なる入居方法

ウーマン

事前確認が重要

京都には長期滞在をしたい人のために提供されている物件に色々なタイプがあります。一般的なウィークリーマンションのようにフロントが設置されているものもありますが、分譲マンションや賃貸マンションの一室をウィークリー仕様で貸している物件も京都には少なくありません。また、住まなくなった一軒家を長期滞在用に貸している場合もあります。どのタイプかによって入居までの手続きに多少の違いがあるので注意が必要です。基本的な流れは共通していて、京都に長期滞在する期間を決めて、その期間は空室になっていることを業者に確認してもらいます。空室であれば申込書を手に入れて申し込み、入居審査を経て、重要事項説明を受けた上で賃貸契約を交わすのが流れです。ここまでは手続きにかかる期間や書類の送り方などが異なるだけで、どのタイプでも違いはあまりありません。しかし、この後はタイプによって異なるので入居の仕方をこの時点で確認しておくと良いでしょう。フロントがある場合には当日はそこで鍵の受け取りができますが、それ以外の場合には個々に鍵の渡し方が異なります。時間を決めて物件の前で受け取ることもありますが、業者の店舗まで足を運ぶ必要がある場合も少なくありません。事情を伝えておくと通常は店頭受け取りの場合でも物件の前で受け取れる場合もあるので、自分の都合を伝えてみるのが大切です。京都での長期滞在を終えて退去するときには立ち会いを受けることになるため、鍵の返却は物件の前で行えるのが通常ですが、念のため聞いておくと安心できます。