不動産会社選びに迷っているなら藤和ハウスに依頼しよう

境界線のトラブルには

住宅模型

公正な判断をする専門家を

土地の境界線についてのトラブルはよくある話ですが、それが東京だと地価が高いため、隣地の持ち主との大きな面倒になりやすいです。境界線については素人同士が話しあったとしても、解決することは決してありませんので、専門家の土地家屋調査士に測ってもらったほうが確かでしょう。土地家屋調査士なら、自身と隣人のどちらが頼んだにしても公正な測量をしてくれますので、境界線を明確にできます。専門家に境界線を測量してもらいたいなら、土地家屋調査士が所属する事務所を東京で探す必要があります。ですが、東京には土地家屋調査士の個人事務所も数多くあるので、依頼先には困ることはないでしょう。ただし、費用は土地家屋調査士が自由に設定できるため、いくつかの事務所の比較してから、仕事を依頼するほうが賢明です。東京の場合は地方よりも費用が高くなりがちなので、多くの事務所に相談と見積もりの請求をおこないましょう。そして、依頼する事務所が決定したのなら、後は実際に境界線を調べてもらうのを待つだけになります。土地家屋調査士が境界線を調査するときには、立ち会いが必要となりますので、都合の良い日時を選ぶようにしましょう。なお、境界線の測量をするときには、隣接する土地の所有者の立会いも必要になる場合が多くあります。その場合は、土地家屋調査士からもその方に連絡がいきますが、印象を悪くしないためにも、自身でも連絡を取っておいたほうが良いでしょう。